イタリアンのサラダランチ

イタリアンは、ヨーロッパにあるイタリア地中海の食事として日本でも各地で店が出ています。2010年には国連教育科学文化機関の無形文化遺産に登録されています。日本では、イタリアンはもちろんのこと、イタ飯という名で知られるようになりました。イタリアンは、世界三大料理の1つであるフランス料理の原型です。今回は、イタリアンのサラダランチの説明をします。

イタリアンの料理は、コース料理があります。はじめに、アペリティーヴォで食前酒です。2番目にアンティパストで前菜です。3番目にプリモ・ピアットで主菜、第一皿ともいいます。セコンド・ピアットは主菜で、第二皿ともいいます。5番目にコントルノで副菜です。6番目にドルチェでデザートです。7番目にカッフェでコーヒーです。8番目にディジェスティーヴォで食後酒です。このことから、イタリアンのサラダランチは、3番目のプリモ・ピアットがあげられます。そして、5番目のコントルノでミニサラダがあげられます。

そして、イタリアンの料理では、ナポリピッツァが有名です。イタリアといっても北部の料理もあれば南部もあれば地域により特色があります。日本では、全国各地にイタリアンの店があります。まるで、日本ではなくイタリアかなと感じるはずです。イタリアの国旗である緑と白と赤の旗のある店は、イタリアンの店です。そして、日本にもタリアン専門の料理店もあります。それでは、今回はイタリアンのサラダランチについて説明していきます。