日本のサラダランチ

日本のイタリアンのサラダランチを見ていきます。日本は、一言でいうとイタリアの南部のナポリを真似たトマトを多く使用したイタリアン料理が主流です。このことから、イタリアンというよりはナポリ料理というのが正直なところです。

さて、イタリアンのサラダランチですが日本では、日本の文化もありますので日本らしいサラダに仕上がっています。まずは、キノコにレタスとを合わせたサラダランチです。いろいろな食材に合うものです。また、梨と生ハムとで仕上げたサラダです。これも、梨というものは、イタリアのイタリアンでは探してみても見あたらないです。さらに、タコとイカと野菜でのサラダランチですと、イタリアの地中海沿岸でのサラダランチと重なるのも分かるはずです。

このことから、イタリアの各地域で郷土料理のごとく地域独自の文化があります。イタリアン料理といっても正確には、ここがイタリアン料理というものはない考えもあるのです。そこで、日本のイタリアンでも、日本の食材を利用して仕上げているのです。このことから、地域の特性を生かしての料理ということがいえます。イタリア、日本ではない、その他のイタリアン料理も独自の地域の食材を生かして料理を仕上げているのです。

イタリア各地のサラダ

イタリア各地のイタリアン料理のサラダランチの説明をします。南部には有名なナポリピッツァのあるナポリがあります。新鮮なトマトやパプリカを夏に多くの方がサラダランチにして食べます。北部では、冬は甘い越冬キャベツにクミンという香辛料やハムを混ぜて、赤ワインビネガーで添えたサラダランチを食べます。ここで、おさえておきたいことは、イタリアは南北問題というものがあります。北部は工業が進んだ地域で、南部は工業化が遅れていて、北部に移動する傾向もあります。

さらに、サラダといえばトマトというイメージが多いかたが大半です。しかし、イタリアンの原型ではトマトはラテンアメリカから入ってきたものであるので、元々はアンチョビという魚が発祥になります。それを考えると、イタリアンの原型サラダランチには、魚と野菜があるサラダになります。

そして、地中海沿岸ではタコやイカがイタリアンに出されるように、当然サラダランチには、タコやイカと野菜を添えたサラダランチになります。東部では、ジャガイモの消費が多いことからオーストリア料理にちなんだポテトサラダになります。また、春にはアスパラガスのサラダランチになります。トスカーナ料理という言葉を聞いた方もいるはずです。こちらは、パンサラダを食べます。このように、一口にイタリアンとはいい難い程、地域独自の料理があるのです。

イタリアのサラダ

イタリアの料理であるイタリアンのサラダについて説明します。イタリアといっても地中海近くのブーツの形をした国であるイタリアです。南部には、ナポリピッツァというピザが大変有名です。皆さんも一度は聞いたことがあるはずです。そして、北部ではフランスやスイスに近いこともあり、バターや生クリームを使用しています。また、地中海沿岸ではタコやイカを使用したイタリアン料理が出されております。

このようにイタリアンといいましても、北部・南部・地中海沿岸の例もあるように、地域の特色を生かした料理を作っているのが現状です。さらに、家庭料理が中心といわれます。お母さんの料理よりは、お婆ちゃんの料理が美味しいという話があるのです。そのことから、お母さんはお婆ちゃんのイタリアンに負けじと美味しい料理をつくるのだそうです。

さて、本題でもあるイタリアンのサラダランチですが、その土地の特性を生かして、トマト・レタス・キャベツの野菜を切って、塩・オリーブオイル・レモンの好みのドレッシングをかけてシンプルに仕上げます。それも、料理の食材は家庭の冷蔵庫にある余り物が基本になります。このことから、イタリアンの基本は家庭料理であることを再度確認して欲しいです。