日本のイタリアンのサラダランチを見ていきます。日本は、一言でいうとイタリアの南部のナポリを真似たトマトを多く使用したイタリアン料理が主流です。このことから、イタリアンというよりはナポリ料理というのが正直なところです。

さて、イタリアンのサラダランチですが日本では、日本の文化もありますので日本らしいサラダに仕上がっています。まずは、キノコにレタスとを合わせたサラダランチです。いろいろな食材に合うものです。また、梨と生ハムとで仕上げたサラダです。これも、梨というものは、イタリアのイタリアンでは探してみても見あたらないです。さらに、タコとイカと野菜でのサラダランチですと、イタリアの地中海沿岸でのサラダランチと重なるのも分かるはずです。

このことから、イタリアの各地域で郷土料理のごとく地域独自の文化があります。イタリアン料理といっても正確には、ここがイタリアン料理というものはない考えもあるのです。そこで、日本のイタリアンでも、日本の食材を利用して仕上げているのです。このことから、地域の特性を生かしての料理ということがいえます。イタリア、日本ではない、その他のイタリアン料理も独自の地域の食材を生かして料理を仕上げているのです。

Published by 管理人