イタリアの料理であるイタリアンのサラダについて説明します。イタリアといっても地中海近くのブーツの形をした国であるイタリアです。南部には、ナポリピッツァというピザが大変有名です。皆さんも一度は聞いたことがあるはずです。そして、北部ではフランスやスイスに近いこともあり、バターや生クリームを使用しています。また、地中海沿岸ではタコやイカを使用したイタリアン料理が出されております。

このようにイタリアンといいましても、北部・南部・地中海沿岸の例もあるように、地域の特色を生かした料理を作っているのが現状です。さらに、家庭料理が中心といわれます。お母さんの料理よりは、お婆ちゃんの料理が美味しいという話があるのです。そのことから、お母さんはお婆ちゃんのイタリアンに負けじと美味しい料理をつくるのだそうです。

さて、本題でもあるイタリアンのサラダランチですが、その土地の特性を生かして、トマト・レタス・キャベツの野菜を切って、塩・オリーブオイル・レモンの好みのドレッシングをかけてシンプルに仕上げます。それも、料理の食材は家庭の冷蔵庫にある余り物が基本になります。このことから、イタリアンの基本は家庭料理であることを再度確認して欲しいです。

Published by 管理人